VM上のWindows10 1809でRasManサービスが開始できない

Windows Tips
スポンサーリンク

突然、VM上のWindowsが再起動中に固まるようになってしまいました。

リモートデスクトップの比較で調査していた時の事ですが、イベントログには「RasMan サービスは、次のエラーが原因で開始できなかった SstpSvc サービスに依存しています」と出ていました。この記事では、そのエラーの詳しい状況、いろいろ試してみた事を紹介します。

リモートデスクトップ比較の記事はこちら↓

エラーの状況

・Windows10のバージョンは1809(October 2018 Update)
・シャットダウン、再起動中に固まる
・WindowsUpdate中に固まる
・リモートデスクトップ接続ができない
・イベントログにServiceControlManagerのエラーが複数
・デバイスマネージャに基本システムデバイスのドライバなし

試した事

高速スタートアップ無効

高速スタートアップは、シャットダウン時のメモリなどの状態を記憶してOSの起動を速くする機能です。しかし、何かしら問題がある時はその問題もそのまま記憶してしまうので、この機能を無効にする事によって改善される場合があります。

手順は「設定−システム−電源の追加設定」の電源オプション画面で「電源ボタンの動作」を選択し、「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外します。

これでシャットダウンしましたが改善しませんでした。

WindowsUpdate

「更新プログラムを確認しています」のまま6時間待っても終わりませんでした。

ディスククリーンアップ

ディスククリーンアップはディスクの不要ファイルを削除する機能です。WindowsUpdateの一時ファイルもクリアできるのでWindowsUpdateの不具合が解消される場合があります。

手順はローカルディスクのプロパティから「ディスククリーンアップ」を選択します。

これも改善しませんでした。

修復インストール

Windows10の修復インストールは個人用のファイルやインストールしたアプリケーションを残したままWindowsのシステムのみ再インストールしますので、Windowsのエラーが解消される場合があります。

手順は、まずMicrosoftの公式サイトからメディア作成ツールをダウンロードして実行し、「実行する操作を選択してください」のところで「別のPCのインストールメディアを作成する」を選択してメディアを作成します。

次に作成してメディアで起動して「インストールする準備ができました」のところで「引き継ぐものを変更」を選択後、「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」を選択します。

これも改善しませんでした。

デバイスドライバ再インストール

デバイスマネージャに「ほかのデバイス−基本システムデバイス」があって「!」と「?」が表示されているので、デバイスIDでこの正体を調べたら「VMware VMCI バス デバイス」でした。

VMwareの公式サイトの記事「Windows デバイス マネージャで VMCI デバイスに黄色の感嘆符アイコンが表示される (1023129)」によると、VMware Toolsをインストールするとドライバも更新されるそうですが、VMware Tools自体がインストールできないので、手動でインストールする必要があります。ドライバはhttps://jp.drvhub.net/devices/chipsets/vmware/vmci-busからダウンロードできます。

これにより全てのエラーが改善されました。

まとめ

WindowsUpdateで何かしらドライバを更新した際にVMware VMCI バス デバイスドライバが壊れてしまったのが原因と思われますが、何の更新で壊れたのかは追求できませんでした。

1903(May 2019 Update)でも全く同じ現象になりますが、同じようにドライバを再インストールしても改善しないので、1903の更新はしばらくおあずけですね。

2019/11/07 追記

また再発しました。ただいま原因調査中です。

2019/11/17 追記

VMwareのドライバとWindowsUpdateの相性が悪いようです。ドライバが古いバージョンに戻ってしまうし、アップデートすると固まるので、何もできません。

2019/11/29 追記

1909にアップデートしたら直りました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました